【マリアージュとペアリングどう違う?】3分でわかる用語辞典

お酒に関わる豆知識を提供していくこのシリーズ。第3回目となる今回のテーマは、「マリアージュとペアリングの違い」についてです。最近、話題の「トリプリング」についても紹介します。

ペアリングとマリアージュの違い
「ペアリング」「マリアージュ」は、どちらも 料理とお酒の組み合わせを指す

先日の記事で、このサイトのメインテーマである「ペアリング」についてご紹介しました。その記事の中で、【ペアリングとは、料理とお酒の相性を活かし美味しく食事を楽しむ方法のこと】と定義づけました。ただ、ペアリングと類似する言葉に「マリアージュ」があります。どちらも料理とお酒の組み合わせをさす言葉ですが、言葉の意味は少し違っています。この記事では、混同しやすい「ペアリング」「マリアージュ」を整理します。

「マリアージュ」とは?

マリーアジュの語源は、フランス語。結婚・組み合わせという意味があります。
マリアージュとは、【性質の異なるもの同士を組み合わせることで、食事をより美味しくすること】を指します。

「ペアリング」と「マリアージュ」の違い

「ペアリング」と「マリアージュ」は、2つの異なる言葉です。ただ、相反するものではありません。【ペアリングとは、料理とお酒の相性を活かし美味しく食事を楽しむ方法のこと】。マリアージュとは、【性質の異なるもの同士を組み合わせることで、食事をより美味しくすること】。つまり、ペアリングはマリアージュも含んだ意味を持っています。(マリアージュはペアリングの一部)。
図で表現するとこのような形。

ペアリング、マリアージュ

ペアリングは、料理とお酒の相性のいい組み合わせで食事をより美味しくすること。数式にするならば、「料理(1)+お酒(1)=2」。マリアージュは異なる性質の料理とお酒で新しい美味しいものを作り出すこと。数式にするならば、「料理(?)×お酒(?)=∞」というイメージです。

マリアージュの進化系「トリプリング」?

「ペアリング」「マリアージュ」に加えて、最近、もう一つ新しい言葉が生まれています。それが「トリプリング」です。「トリプリング」は、料理とお酒にもう一品”何か”を付け加えて、より複雑なマリアージュを生み出すことをさします。例えば、「料理×お酒×ノンアルコールドリンク」「料理×お酒×軽食(パン、フルーツ)」などが一例です。

まとめ

「ペアリング」「マリアージュ」「トリプリング」をまとめると、このようになります。

ペアリング、マリアージュ、トリプリング
  • 「ペアリング」・・・料理とお酒のよい組みあわせのこと
  • 「マリアージュ」・・・ペアリングの中でも料理とお酒の力で通常以上の魅力を生み出すこ
  • 「トリプリング」・・・料理とお酒とプラスワンによって、より高度なマリアージュを生み出すこと

人によって細かいニュアンスや捉え方の違いはありますが、私は上記のように解釈しております。
最後に宣伝ですが、このサイトのメインテーマは「ペアリング」です。
【料理とお酒は、組み合わせ次第で、美味しくも不味くもなります。】

皆さん、このサイトと一緒に、まずはペアリングから楽しんでみませんか?


どんどん更新していくので、
よかったらブックマークフォローよろしくお願いします。

comment

タイトルとURLをコピーしました