【夏酒って?】3分でわかる用語辞典

まさしく夏、真っ只中。気温が上がってくると、お酒は、やはり冷たいものでクッといきたくなりますね。お酒に関わる豆知識を提供していくこのシリーズ。第4回目は、この時期多くの飲食店や酒屋で販売される日本酒の夏酒についてまとめます。

夏酒とはなんだ?
夏酒とは?


皆さんは、「夏酒」という表記のついた日本酒を目にしたり、飲んだりたことありますか?

近年、夏が近づくと、スーパーや酒屋、飲食店で数多くの「夏酒」という表記のついた日本酒が多く並びます。その多くは、どこか涼しげなパッケージングが施され、思わず飲んでみたくなる方も多いのではないでしょうか?しかし、「夏酒」と一般的な日本酒と何が異なるのでしょうか。今回は、「夏酒」を深掘りしていきます。

夏酒イメージ
果たして夏酒とは…

まず、「夏酒」の定義について。

「夏酒とは?」と質問した時、返ってくる答えはバラバラです。何故ならば、夏酒には、明確な定義が存在していないからです。

では何故、定義が存在していないのでしょうか。


その理由は、夏の日本酒売り上げの伸び悩みにありました。
夏のアルコール市場は、どうしても「夏=ビール!」というように炭酸系飲料に売上が集中し、日本酒から顧客が遠ざかる傾向にありました。そこで、このネガティブな状況を改善するために誕生したのが、「夏用の日本酒 夏酒」という概念なのです。簡単に言うと、プロモーションですね。そのため、「夏酒用の製造工程が…」や「夏酒用の出荷の規格が…」なんてこともありません。
(各酒蔵単位でのカスタマイズは存在していると思いますが。)

夏酒の傾向


夏酒に明確な定義は存在していませんが、大きな傾向は存在します。いくつかのタイプに分けてみました。

夏酒のタイプ

各タイプの説明は、長くなってしまうのでこの記事では割愛しますが、ざっと分けると「ワインタイプ」「ロックタイプ」「フレッシュタイプ」「シュワシュワタイプ」「ホワイトタイプ」だと考えております。この他にも、日本酒を使ったカクテルドリンクを夏酒として販売しているケースなども一部で存在します。

このように夏酒は、明確な定義が存在していないが故に、様々なタイプが存在しています。しかし、その定義の曖昧さが、「夏酒」の楽しみを膨らましてくれているとも言えると思います。もしかすると、今後も新しい夏酒のタイプが誕生するかもしれません。

夏はビールと言わずに、日本酒も!
夏酒 オンザロック
ロックタイプの夏酒


夏酒は言葉の通り、「期間限定」(または数量限定)で発売されるケースがほとんどです。そのため、地元だけで楽しまれていたり、すぐ完売してしまうケースもたくさんあります。
私も飲みたいけど、飲めていない夏酒がたくさんあって困っているぐらいです。


暑いとどうしても、ビールやハイボール、チューハイに気持ちが流れてしまいがちですが、たまには、夏しか飲めない夏酒をあなたも楽しんでみてはいかがでしょうか?

comment

タイトルとURLをコピーしました