【荻窪】 商店街を抜けた先の小料理屋

先日、初めて荻窪駅へ飲み歩きに出かけました。南口から歩いていくと、カウンターのみのカジュアル和食割烹に出会いました。

荻窪ダイニング 外観

今日は荻窪駅から


荻窪駅は、JRと東京メトロ丸の内線の終着駅機能を持つ東京都民のベッドタウン。駅北口には、タウンセブンなどのショッピングセンターや大手チェーン系の居酒屋が並び、一方で、南口は個人経営の居酒屋が所狭しと並びます。僕は、よく高円寺、阿佐ヶ谷あたりで飲むことが多いですが、荻窪南口もそれらとよく似た雰囲気がありとても魅力的に感じます。

荻窪駅に降りた目的は、先日料理専門誌 dancyuでも取り上げられた焼鳥の「鳥七」に行くため。アットホームで温かそうな店内と、炭火でじっくりと焼き上げられた焼鳥のシズルに、まんまとやられてしまいました。ほんと、dancyuのシズルはずるいです。

さて、予約なしで鳥七へ。ふらっと訪れてみると、なんと食材完売のため本日の営業は終わってしまったのこと。残念!!

というわけで、鳥七はまたの機会に持ち越し。

本日は、初めて降り立った荻窪駅南口を歩いていいお店を探す事にしました。

南口商店街を奥へ奥へ


お店探し探検隊は、南口からまっすぐ伸びる商店街に沿う形で進みます。奥へ奥へ。

美味しいものへの探究心?が足をどんどん前へ進めます。


しかし、気づくと。
商店街というよりは住宅街?という場所まで来てしまいました。


折り返そうかな…

そう考えていた時に、
気になる看板が。


首折れサバ入荷しました。

その下には、豊富な日本酒ラインナップが。
よし!ここだっ!

その名は、『荻窪ダイニング』


飛び込んだお店の名前は、『荻窪ダイニング』
細長い小さなお店ですがそのサイズ感が個人的には落ちつきます。

荻窪ダイニング 乾杯
乾杯は、エビス

早速、注文。
きました首折れサバ。

荻窪ダイニング お刺身盛り合わせ

写真奥から
生サバ、〆さば、のどぐろのお刺身です。
めちゃくちゃ豪華。笑

詳細な味の感想やペアリングは、近日公開の別記事で書きたいと思います。

お店のメニューには、手の込んだ創作和食料理が並びます。今回、食べられなかったのが残念ですが、名物は、国産大豆を丁寧に調理して作る自家製の豆腐。冷奴、湯豆腐などでいただけます。
その他、いずれのメニューも丁寧な仕事が隠れてそうで、かなりそそられます。

ドリンクは、日本酒の種類が豊富。普段、東京ではなかなか見慣れない銘柄も多く並んでいました。

店員さんと距離が近くて温かい


僕が、訪れた時は、たまたまお客様が少なくお店の方とじっくり話す事ができました。私の家と店長さんの前の家が近かったり、昔の阿佐ヶ谷、高円寺の話をしたり、初めて来た荻窪の話をしたり、いただいた料理の話をしたり。1.5時間ぐらいでしたが、非常に充実した時間になりました。

いやー、よかった荻窪ダイニング。
荻窪探索で、行った事ないお店にどんどん行ってみたいけど、新規開拓より優先して来たくなるそんなアットホームで温かい、なおかつ料理の美味しいお店でした。


また、来ようと思います。それでは。

店舗情報

荻窪ダイニング

【住所】東京都杉並区荻窪5-7-12 1F

【営業時間】17:00~23:30

【定休日】火曜日

【店舗サイト】https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13206479/

レビューは、筆者の個人的感覚に基づきます。
感想には個人差がありますので、悪しからず、ご了承ください。

comment

タイトルとURLをコピーしました