【銀座】大人は隠れて、鶏三昧。

本日は、仕事終わりに、職場の近くで一献した時のお話をご紹介。歌舞伎座の真裏にひっそりと佇む鶏料理のお店「暫亭」。肩肘はらずに、楽しめる大人の隠れ家。

ginza_shibarakutei_title
本日のお店


お店は、東京 銀座 歌舞伎座の真裏の路地にひっそりと佇む。最寄駅は、東京メトロ銀座線 銀座駅から徒歩で、約5分、都営浅草線 東銀座駅からならば、2分程度で到着する。小さな路地なので、かなり道は暗いが、その暗闇の中に柔らかく光る電球色の間接照明。その名は、「暫亭(しばらくてい)」。決して派手とは言えず、静かな佇まいで主張しない所が、酒飲みの心くすぐってくる。いざ、行かん。

外観
出典 : 食べログ
本日のお料理1. 鳥刺し


こちらのお店の自慢は、鶏料理。大人の雰囲気漂う落ち着いた店内で、ゆっくりと食事を楽しむことができる。雰囲気だけで、すでに、酔ってしまいそうな素敵なお店だが、どんどん料理を注文していく。順に、ご紹介。

まずは、鳥刺し。
いきなり個人的な話だが、私が一番好きな食べ物はお刺身だ。魚・肉両方好きだ。しかし、魚の刺身はスーパーなどでも販売されているせいか、なぜか、鳥の刺身の方が特別感があり好きである。

こちらの鳥刺しはあっさりしながらも、旨味がしっかりと詰まった絶品だった。

ginza_shibarakutei_title
本日のお料理2. 焼き鳥 こころ

続いて、焼き鳥をいくつか注文していく。まずは、鳥の心臓部分 こころ。焼き鳥にも様々な部位があるが、個人的に毎回注文するのが、こころ(ハツ)。こころを注文する理由は、単純に美味しくて好きということもあるが、お店によってかなり差が大きいような気がするからだ。こころの美味しいお店は、血の生臭さが全く感じない。一方で、イマイチのお店は、血の感じが残り、獣感が強すぎたりする。こころは毎回、タレでいただくのだが、この一本を頼むとお店の肉の質やタレのこだわりがわかるような気がしている。(あくまで、個人的な意見ですが。)
こちらのお店のこころは、上記に書いた通りのお手本のような美味しい味で、おかわりしたくなる一本だった。こころが美味しかったので、焼き鳥シリーズはまだ続く。

ハツ
本日のお料理3. 焼き鳥 ネギマ


次は、焼き鳥の定番 ネギマ。あっさりとしながら苦味をもつ白ねぎと、ジューシーな鶏肉が混ざり合い合わせ技一本の最高の味を作り出す。まさしく、串に刺ささっている意味がある焼き鳥メニューだ。こちらもとても美味しかったので、もう一本、焼き鳥をご紹介。

ネギマ
本日のお料理4. 焼き鳥 つくね


焼き鳥シリーズの最後は、つくね。女性にも人気の高いこちらの焼き鳥。柔らかい食感に加え、口に広がるタレとお肉の甘さがとても癖になる。また、他の部位に比べてぼったりとしたフォルムが可愛らしく、食べ手を誘惑してくるのだ。人数が増えたので、焼き鳥は2本から4本へ…。

つくね
本日のお料理5. 鶏雑炊


美味しい鶏料理を堪能したラストは、入店時から気になっていた「鳥雑炊」を。焼き鳥とは一味違った鶏の味、さらに親子のとき卵。そして、ひと通り食べた体をクロージングするだしの味。この三位一体が、今日1日の終了の鐘を鳴らしてくれた。大満足。

トリ雑炊
本日のドリンク麦焼酎 中々


少しだけ、本日のドリンクの紹介を。焼き鳥に対していただいたのが、私がよく飲む定番ドリンク 「中々」を水割りで。こちらのドリンクは、料理との相性のストライクゾーンが広く、汎用性は抜群だ。かなり多くの飲食店でメニューインされていることもあり、かなり重宝する。

麦焼酎 中々
読みづらい場合、画像を拡大or強く押してください。
まとめ


大人の雰囲気を醸し出す銀座歌舞伎座の真裏に佇む隠れ家「銀座 暫亭」。料理は、いずれも丁寧な仕事が光る逸品ばかり。しかしながら、食べログ平均費用¥4,000〜¥4,999とリーズナブル。外観が一見、高級料亭のようなので、敷居が高く見えがちだが、肩肘はらず気軽にゆっくりと食事を楽しむことができた。皆様も銀座に立ち寄った際は、ぜひ立ち寄ってみてください。それでは。

 

店舗情報

暫亭 木挽町店

【住所】東京都中央区銀座4-11-12 港北ビル1F

【営業時間】18:00~23:30

【定休日】日曜・祝祭日・土曜不定休

【食べログ】https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13123243/

スポンサーリンク

レビューは、筆者の個人的感覚に基づきます。
感想には個人差がありますので、悪しからず、ご了承ください。


comment

タイトルとURLをコピーしました