【阿佐ヶ谷】”夢か現実か”口福の海鮮を食べたくて「酒場 むゆう」にたどり着く!

どうも、〼MaSu〼です。本日は、JR阿佐ヶ谷駅から程近い海鮮居酒屋へ。新鮮でぶりんぶりんのお魚が楽しめる居酒屋『酒場 むゆう』さんをご紹介します!

阿佐ヶ谷 むゆう タイトル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お店へのアクセス


本日は、中野、高円寺と並ぶ新宿から程近い中央線の飲み屋街 阿佐ヶ谷が最寄駅。お店は、JR阿佐ヶ谷駅の南口から徒歩約3分の場所にあり、赤提灯のような街頭並ぶ阿佐ヶ谷一番街の中にあります。

ワイワイ元気な声が各店から響く中、かわいいフォントと白い大きな提灯が目を引くお店が、本日の居酒屋『酒場 むゆう』さんです。

(外観の写真を撮り忘れたのでお店の食べログから拝借させていただきました。)

阿佐ヶ谷 むゆう 外観
出典:食べログ(お店の投稿)

 

お店の自慢は新鮮なお魚!


「むゆう」さんでぜひ食べて欲しいのは、なんといっても新鮮なお魚!個人的な感想ですが、阿佐ヶ谷の中でもトップクラスのおいしさと満足感なのでは!と思ってます。


そんな「むゆう」さんの絶品 海鮮料理をレビューしていきます!予約などの際に参考にしてください!

【本日の料理①】 お刺身盛り合わせ


まずは、季節のおすすめが”どかん”と乗った「お刺身の盛り合わせ」です!

阿佐ヶ谷 むゆう お刺身盛り合わせ
お刺身盛り合わせ ¥1,280/人


手前から脂たっぷりの戻りかつお、本まぐろ、〆さば、サワラ、金目鯛です。食べてみると、本当に脂のノリが半端ない。赤身、白身、青魚どれを取ってもハズレなし!いや、あたりのみ!

さらに、これだけぶりんぶりんのお刺身がなんと、1人1,280円!調べてみると、食べログには原価無視って文字すら…。

このお刺身目当てにむゆうさんへ通う方もきっと多いんだろうなぁ。すでに幸福感ではち切れそうですが、次のお魚料理をご紹介!

【本日の料理②】 大間鮪の藁焼き


次の海鮮料理も抜群です!まずは、そのビジュアルから!どん!

阿佐ヶ谷 むゆう マグロのわら炙り


『鮪の大トロ藁焼き (1,680円)』
キラッキラですわ。

阿佐ヶ谷で食べる大間の鮪。鮪の大トロが、とっても香ばしい藁焼きでレアに仕上がっています。写真だけでも伝わりそうですが、この鮪の脂のりの肉質は最高。

口に入れた瞬間、”とろ〜っと”と舌の上で溶けていきます。それと同時に、僕の心も”はぁぬーん…”と溶けていきました。

あぁ、今日は優勝だ。最後は、ちびちびいけそうなおつまみをいきましょう。

 

 

【本日の料理③】 あん肝のりぴー


幸せなメイン料理の後は、お酒に合うちびちびおつまみを。その名は、『あん肝のりぴー』

阿佐ヶ谷 むゆう あん肝のりピー
値段はメモし忘れました…。


なんとも見た目も可愛いあんきもちゃん。あん肝に”ちょろり”と醤油とわさびが乗っかってます。大きな海苔に巻いたら、それはもう『いただきマンモス』するしかない!

そんなおつまみに合わせたお酒がこちら。

【本日のドリンク】 芋焼酎 三岳 水割り


本日は焼酎で。
その中でも結構濃厚なお魚が多かったので芋焼酎に。

阿佐ヶ谷 むゆう 三岳


三岳は、結構いろんなところでラインナップされるようになったメジャークラスの芋焼酎ですので、ご存知の方も多いはず。三岳の特徴は、芋焼酎らしいクセはほどほどに、まろやかな飲み口とサッと切れていく飲み口が特徴です。芋焼酎ならではの独特なクセが少なめなので、和食を中心に色んな料理に合わせやすいと人気になっています。

満足度高いなぁ。
これはまたすぐに予約してこないと。

けど、周り見渡すと満席だぁ。
いつ空いてるかな??

予約はWEBからが便利!


訪問当日は、フリーで訪れたですが、ギリギリラスト一席でした。お店の方との雑談をしてると結構いつも大盛況のよう。(そりゃ、こんな美味しくてコスパ抜群のお魚があったら見逃せないですよ。)

みなさん、行きたくなってきましたか?僕はすでに行きたいです。(笑)

そんな際は、サッと空き状況がチェックできるWEB予約が便利です。24時間いつでも予約できるし、ポイントが貯まるなんて特典もあります!10月からGO to EATキャンペーンも始まるので、感染対策をしっかりしてLet’s Go to 阿佐ヶ谷 Let’s Go toむゆう!Let’s go to EAT!

詳しくお店情報を知りたい方はこちらからどうぞ。

お店WEBサイトのリンク
阿佐ヶ谷 むゆう タイトル

【阿佐ヶ谷】酒場 むゆう

食べログでみる

ぐるなびでみる


それでは本日の美味しいお店情報は、以上です。

僕の体験が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。このサイトでは、他にもお酒やおつまみにまつわる情報をどんどん更新していので、よろしければ、他の記事も見ていってくださいね〜。それでは!

レビューは、筆者の個人的感覚に基づきます。
感想には個人差がありますので、悪しからず、ご了承ください。

comment

タイトルとURLをコピーしました