お刺身とお酒の相性が、よくなる組み合わせ方とは?

皆さん、お刺身は好きですか?私は、お刺身が大好きです。ただ、食べるといってもお刺身だけを食べる訳ではありません。やはり、お供となるお酒が必要です。時には、日本酒でチャレンジしたり、ワインだったり、ビールだったり。しかし、その相性は、選び方次第で美味しかったり美味しくなかったり。果たして、お刺身とお酒の相性をよくするそれぞれの組み合わ方とは??

osashimi×osake_title

【日本酒】


お刺身ときたら、まず頭に浮かぶのは、日本酒でしょう。お刺身と日本酒は、なんとなく何でも相性が良さそうなイメージがありますが、全ての日本酒がお刺身と相性がいい訳ではありません。
本来ならは、いただくお魚によってお酒の選び方を変えることをお勧めしますが、今回は記事が長くなりすぎるので、カテゴリ全般的に言えることをまとめてみます。

そもそも、料理と飲み物の合わせ方の基本は、味の濃淡を揃えることです。淡白なものには淡白なものを。味が強いものには味が強いものを合わせることが基本です。ただし、細かくみると、銘柄によってその味わいは異なるため、下記の合わせ方でも合わないケースも存在することをご理解いただけると幸いです。

お刺身を楽しむ時の日本酒選びのポイントは、
白身魚や淡白な味わいの魚には、軽めや日本酒や吟醸系の日本酒を選ぶことをお勧めします。また、日本酒の温度は、ひや(常温)や冷酒で飲むことが多いです。

一方で、赤身魚や青魚には、濃醇系/旨口系の日本酒を合わせることが多いです。また、その場合は、日本酒を燗にして青身魚独特の強い生臭さをマスキングします。


osashimi×osake_11
平目と冷酒で

【ワイン】


続いて、洋と和のコラボ では、どうでしょうか?

一般的に、「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」などとよく言われますが、私は一概にもそうとは言えないと考えています。

まず、オーソドックスなお刺身とワインの合わせ方は、お刺身には白ワイン。白ワインの中でもまずチャレンジしていただきたいのが、ポピュラーな白ワインの品種 ソーヴィニヨン・ブラン。キリッとした酸味と青草のようなアロマは、幅広いお刺身と相性が良い場合が多いです。
また、こちらは私の経験値ですが、お刺身とワインを合わせる時は「酸味」を少しプラスする方がお刺身の生臭さが緩和して美味しいように感じます。
例えば、レモンやライムを少し絞ったり、酢を気持ちばかりかけてみてください。薬味野菜と一緒にいただくのもオススメです。いわゆるマリネやカルパッチョがそうですね。

一方で、赤身魚や青魚のお刺身には、軽めの赤ワインも意外とマッチします。お刺身とワインのバランスを整えるのが若干難しいような印象ですが、チャレンジしてみても面白いです。

osashimi×osake_12
フランス・ボルドー ソーヴィニヨン・ブラン

【焼酎】


3つは、焼酎です。焼酎もこれまでの二つと同じように、料理と飲み物の重さを合わせることを考えていきます。白身魚には、米焼酎や麦焼酎など軽めのタイプを合わしてみましょう。
一方で、赤身魚や青魚のお刺身には、芋焼酎またはしっかりとした麦焼酎がオススメです。飲み方はお湯割などで香りや味わいを開かせて合わせてもいいかもしれません。

これは余談ですが、私が個人的にハマっているお刺身×焼酎の組み合わせは、「お刺身×芋焼酎のソーダ割」です。芋焼酎ならではの臭みの力が、お刺身の青臭さをマスキング。その後口の中では、お刺身から残った海の香りとソーダの爽やかさが後味として残ります。この感覚は一度ハマると、クセになってたまりません。

osashimi×osake_title
鯵のお刺身×芋焼酎ソーダ割

【ビール】


最後は、お刺身×ビールです。これまで、3つのお酒のカテゴリで相性を述べてきましたが、一番相性を考えるのが難しいなと感じているのが、実はビール×お刺身です。
これまで様々なビアスタイルで相性を確認してきましたが、結局最後に落ち着いてしまうのが、日本のピルスナー×お刺身でした。「海外ビールとお刺身でチャレンジだ!」と意気込みますが結局戻ってくるのは、「エビス」や「一番搾り」などの日本のド定番ピルスナーなのです。もし、新しい発見を楽しみされた方がいらっしゃたら、申し訳ありません。ただ、この組み合わせが落ち着くし、美味しいのです。

仮に、新しいチャレンジをするならば、お醤油を起点としてお醤油と相性の良いクラフトビールを選んでみても、とても面白いと思います。

osashimi×osake_13

その出会いは、一期一会。


いかがだったでしょうか。少しでも参考になりましたでしょうか。
今回は、お酒のカテゴリごとに大まかな傾向を書かせていただきました。ただ、ペアリングの世界は奥が深く、お酒の銘柄やお刺身のシーズン・産地によって非常に繊細な相性が変化していきます。そのため、今日のその出会いは、一期一会のようなもので、良い相性に出会う打率を高めて行くためには結局のところ、めげずにチャレンジしていくしかありません。

しかし、相性抜群の組み合わせを見つけた瞬間の快感は、全身ビリビリ!と稲妻が走り、同時に一日の疲れを全て取っ払ってくれるようなリラックス効果を感じます。この記事が、あなたの運命的な出会いに繋がる一歩としてお力添えできたならば、嬉しい限りです。最後までありがとうございました。

ドリンクの選定およびレビューは、筆者の個人的感覚に基づきます。
感想には個人差がありますので、悪しからず、ご了承ください

comment

タイトルとURLをコピーしました