夏のおつまみでおすすめペアリング 野菜編 【ゴーヤチャンプル×鍛高譚 梅ソーダ】

どうも、〼MaSu〼です。この記事は第3弾 夏野菜編です。今回は夏の準備を!ということで、おすすめ夏のおつまみとおすすめお酒のペアリングをご紹介します。

ゴーヤチャンプルー×鍛高譚

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

引き続き、夏のペアリングをご紹介!


本日も前回に引き続き、『おすすめ夏のペアリング』ということで、夏のおすすめおつまみとそれに合う夏のおすすめお酒をご紹介していきます。今回の記事は「第3弾 お野菜編」となります。もし、これまでの記事をご覧になっていない方がいらっしゃれば、下記のリンクより是非ご覧ください!

今晩、今週、今シーズンの晩酌の参考にしてくれたら幸いです。

それでは第3弾も、スタートです(*`д´)b

 

【本日のおつまみ】ゴーヤチャンプル


本日のおすすめ夏のおつまみは、ゴーヤを分厚く切った今夏初のゴーヤチャンプルーです。

ゴーヤチャンプルー


ゴーヤは「ニガウリ」とも言うように、独特の苦さが特徴です。あの苦さは結構好き嫌いが分かれるのですが、僕は苦々しいところが可愛くて好きです。ゴーヤは、夏の風物詩な感じがするので毎年、これでもか!というほど食べちゃいます。

今回は、そんなゴーヤの特徴を最大限そのまま活かして、チャンプルーにしてみました。

キーワードは、『ゴーヤ多め』『分厚く!(そのまんま笑)』です!

ゴーヤチャンプルー

【材料(2人前程度)】(調理時間目安 20分)
※豆腐の水切りの時間を除く

 ・ゴーヤ・・・1本
 ・豚切り落とし・・・150g
 ・島豆腐・・・1丁
 ・とき卵・・・1個分
 ・鰹節・・・・・ひとつかみ
 ・塩・・・少々
 ・黒胡椒・・・少々
 ・うす口醤油・・・小さじ1

【調理手順】
0.島豆腐の水切り
予め島豆腐から水分を抜きます。豆腐をキッチンペーパーなどで包み、豆腐の上にお皿などで重しをしておきます。1時間ぐらいで水分は抜けていきます。

1.食材をカット
食材をそれぞれカットしていきます。ゴーヤは縦半分に切り中の種とワタを取り除きます。その後、5ミリほどの厚さでカットしていきます。

豚肉は、3センチ幅ぐらいでカットしていきます。

2.炒める(豆腐)
豆腐を手で一口大にちぎっていきます。この方が味が馴染みやすくなります。準備ができたら、フライパンを油を引き豆腐を炒めていきます。中火で全体に焼き目がつくまで焼いていきます。焼き目が入ったらフライパンから取り出します。

3.炒める(豚肉)
豚肉に軽く塩、胡椒を振り、フライパンで炒めていきます。軽く両面焼き目がつけばオッケーです。

4.炒める(ゴーヤ)
再度、フライパンに油を引きゴーヤを炒めていきます。火は弱火でしっかり中まで火を通します。

5.炒める(味付け)
フライパンに豚肉と豆腐も入れ、炒めていきます。鍋淵から醤油を入れ炒めます。

6.卵を回し入れる
とき卵を回し入れて炒めます。

7.鰹節をドバー
最後に鰹節をドバッと入れて軽く炒めたら完成です!


続いては、夏のおすすめ おつまみ 野菜編『ゴーヤチャンプル』に合わせたいおすすめのお酒の紹介です。

【本日のドリンク】鍛高譚 ソーダ割り


本日のお酒は、鍛高譚のソーダ割です。

鍛高譚

本日は、しそのお酒「鍛高譚」です。コンビニやスーパーでも売られているメジャー酒です。皆さんは、飲んだことありますかね?

僕は、ソーダ割で飲むのが好きですね。軽〜く飲めてしまうので、飲み過ぎには注意してください。笑 こだわりは梅干しを入れることです。梅干しをいれることで、紫蘇の風味がより華やかになり、夏の爽やかさもプラスされますよ。

いざ、ペアリング

それでは、おつまみとドリンクをいただいて行きましょう!
まずは、ゴーヤチャンプルからです。

パクッ。もぐもぐ…(`~;´)

ゴーヤの苦味が十分あります!『夏が来たな〜』って感じですね!あとは、鰹節がたっぷり入っているので、旨味成分もたっぷりです。これはお酒が進みそうです!

うっまー!(*`▽´)

さて、ドリンクは…。

ゴクッ…(* ̄O)◇ゞ

安定感のある美味しさ!やっぱり梅干しがあるのと無いのでは大違いです。みなさんも、鍛高譚ソーダ割りを飲むときは是非梅干しを入れてくださいね。

ゴーヤチャンプルーとの相性ですが、夏のゴーヤの苦味と鍛高譚の爽やかな青い香りがめっちゃいい感じです。沖縄の料理と北海道のお酒の日本の南北コンビですが非常にいい組み合わせではないでしょうか。

夏のおつまみ&ドリンクを存分に楽しんで!


3回にかけてお伝えした夏のおすすめおつまみ&夏のおすすめドリンクシリーズは、いかがだったでしょうか。

魚編の「鱧」、肉編の「鶏むね」、野菜編の「ゴーヤ」の3つを取り上げました。いずれも夏を存分に楽しんでいただく、組み合わせを考えて見ました。このシリーズがみなさんの夏の晩酌をもっとより良いものにできたなら幸いです。

今回のペアリング記事は以上になります。ここまでお読みいただいたみなさん、ありがとうございました。

お時間まだありましたら、他の記事も見てお酒やおつまみに詳しくなってくださいね。それでは。( 」´0`)」マタネーーー!

レビューは、筆者の個人的感覚に基づきます。
感想には個人差がありますので、悪しからず、ご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました